総合建設コンサルタント 株式会社京都イングス

GIS、DM、情報システム、土木設計、用地調査、補償、測量、地質調査、まちづくり、公園設計、ホームページ制作、ファイリングシステム販売は京都イングスにお任せください

トップページへ 会社概要 業務案内 製品紹介 実績紹介 採用情報 お問い合わせ


業務案内
GIS・DM
情報システム
用地調査・補償
測量
土木設計
地質環境
WEB・DTP
土木設計  
 
土木設計の業務案内のページへ
 
  道路設計河川・砂防・急傾斜設計橋梁・構造物設計造成設計・許認可申請・施工監理まちづくり

 
  国道178号丹後リゾート等関連道路改良工事設計業務委託  
     
 
土木設計_01
国道178号(養老伊根バイパス)第1工区 L=2,300m
 
土木設計_02
景観に配慮して切土緑化型擁壁を両側に設置した状況を
府道岩ヶ鼻須川線との交差点から岩ヶ鼻トンネルに向かって望む
 
土木設計_03
岩ヶ鼻トンネルを過ぎて市道養老朝妻線交差点と大島トンネルを望む
 
土木設計_04
完成間近いバイパス道路をラジコンヘリコプターにより
大島トンネル上空から宮津方面に向かって撮影
     
●発注先
  京都府宮津土木事務所

●業務名称
  国道178号丹後リゾート等関連道路改良工事設計業務委託

●事業規模
  道路詳細設計 L=2,300m

●事業目的
 

本国道は舞鶴市を起点、鳥取県岩美町を終点とし、宮津市・伊根町などを通過する日本海沿岸地域を連絡する幹線道路である。当該箇所は幅員が狭く道路線形も悪いため、年間を通じて沿道の人々の暮しや通行車両に対し不便を与え、特に海水浴・観光シーズンには大渋滞が発生し、生活・産業活動に支障を来していた。
このことから第4次京都府総合計画に基づき、基幹道路の強化として地域活性化と産業振興のため同区間のバイパス道路が事業化された。これに伴い早期供用開始が望まれる、岩ヶ鼻〜日出地区間(第1工区)の道路詳細設計を行った。

●事業概要
(1)山間地を走る道路として周辺の環境及び景観に配慮した計画とした。
  ・切土擁壁・盛土擁壁とも緑化型を採用
  ・横断排水管は水理計算上だけでなく、小動物の移動を考慮に入れた大きさ
(2)現況道路へのアクセスと、既存用排水系統の分断を考慮に入れた計画とした。
 
Copyright (c) 2005 Kyoto ingZ Co., Ltd. All rights reserved.