総合建設コンサルタント 株式会社京都イングス

GIS、DM、情報システム、土木設計、用地調査、補償、測量、地質調査、まちづくり、公園設計、ホームページ制作、ファイリングシステム販売は京都イングスにお任せください

トップページへ 会社概要 業務案内 製品紹介 実績紹介 採用情報 お問い合わせ


業務案内
GIS・DM
情報システム
用地調査・補償
測量
土木設計
地質環境
WEB・DTP
土木設計  
 
土木設計の業務案内のページへ
 
  道路設計河川・砂防・急傾斜設計橋梁・構造物設計造成設計・許認可申請・施工監理まちづくり

 
  道芝急傾斜地崩壊対策工事業務委託  
     
 
土木設計_01
法面工完成後の道芝急傾斜地
 
土木設計_02
 
 
     
●発注先
  京都府舞鶴土木事務所

●業務名称
  道芝急傾斜地崩壊対策工事業務委託

●事業規模
  現場吹付法枠 A=800m

●事業目的
 

当地区は小規模な尾根と谷が入り組んだ複雑な地形を示し、崩壊箇所が多数認められる急傾斜地危険区域に指定された地域であることから、急傾斜地の崩壊による災害から地域住民の生命及び財産を守ることを目的に計画を行う。

●事業概要
計画区間の地質は、表部よりシルト混り砂礫を示す崩積土が1.8〜2.85mの層厚を有して認められ、それより以深は岩盤となる。岩種は、大浦層に属する頁岩と花崗岩から成っている。当該斜面は、地形が複雑で、過去に崩壊した履歴が確認されており、流れ盤の斜面であることが留意点としてあげられる。
対策工法は、斜面の安定計算より崩壊規模を検討した結果、深さ2〜3m程度の中規模な崩壊が予想されることから、この様な規模の崩壊に対して有効な補強ボルトを抑止工とし、法面保護工として現場吹付法枠工を併用した。
 
     
 
 
Copyright (c) 2005 Kyoto ingZ Co., Ltd. All rights reserved.