総合建設コンサルタント 株式会社京都イングス

GIS、DM、情報システム、土木設計、用地調査、補償、測量、地質調査、まちづくり、公園設計、ホームページ制作、ファイリングシステム販売は京都イングスにお任せください

トップページへ 会社概要 業務案内 製品紹介 実績紹介 採用情報 お問い合わせ


業務案内
GIS・DM
情報システム
用地調査・補償
測量
土木設計
地質環境
WEB・DTP
土木設計  
 
土木設計の業務案内のページへ
 
  道路設計河川・砂防・急傾斜設計橋梁・構造物設計造成設計・許認可申請・施工監理まちづくり

 
  27号広瀬・釜輪地区防災詳細設計業務  
     
 
土木設計_01   土木設計_02
補修前坑口パラペット亀裂状況   杭内アーチ部支保工仮設状況
     
土木設計_03   土木設計_04
補修前アーチカルバート内側
からパラペット亀裂状況を撮影
  アーチカルバート補修完成状況
     
     
●発注先
  近畿地方整備局福知山工事事務所

●業務名称
  27号広瀬・釜輪地区防災詳細設計業務 

●事業規模
  薬液注入工設計
  坑口補修及び補強設計
  インバート施工のための支保工計画

●事業目的
 

道路盛土下部にアーチカルバートとして河川トンネルがあり、坑内のパラペットにはコンクリートの亀裂に伴う数十pに及ぶ段差が生じて全面に傾倒しており、さらに坑内から左岸基礎部が約6mにわたって洗掘されていた。左岸側は河川堆積物が13mの深さまで分布しており、この堆積物の洗掘により坑内が沈下しクラックが生じたものと考えられた。現河川トンネルは切り廻すことが出来ないため、現状を生かしたまま早期復旧を目的とし検討を行った。

●事業概要
(1)坑内の変状に対して基礎部の支持力不足の解消と、上載荷重を分散させるために、当該地が砂質地盤であることを考慮し、薬液注入工法を採用した。
(止水を目的とする瞬結材を用いた一次注入と地盤強化を目的とする長結材を用いた二次注入の方法をとった。)
(2)坑内パラペットの亀裂、段差の補修においては、鉄筋入りのコンクリート増厚を考え旧構造物とアンカーで一体化を図った。
(3)基礎部の洗掘部には、アーチ機能を満たす目的よりインバートコンクリートを打設した。
 
     
     
Copyright (c) 2005 Kyoto ingZ Co., Ltd. All rights reserved.