総合建設コンサルタント 株式会社京都イングス

GIS、DM、情報システム、土木設計、用地調査、補償、測量、地質調査、まちづくり、公園設計、ホームページ制作、ファイリングシステム販売は京都イングスにお任せください

トップページへ 会社概要 業務案内 製品紹介 実績紹介 採用情報 お問い合わせ


業務案内
GIS・DM
情報システム
用地調査・補償
測量
土木設計
地質環境
WEB・DTP
土木設計  
 
土木設計の業務案内のページへ
 
  道路設計河川・砂防・急傾斜設計橋梁・構造物設計造成設計・許認可申請・施工監理まちづくり

 
  三和町改訂住宅マスタープランに基づく
平成14年度(仮称)菟原中住宅団地詳細測量・設計業務
 
     
 
土木設計_01   土木設計_02
     
     
土木設計_03   土木設計_04
     
     
土木設計_05
     
     
●発注先
   三和町

●業務名称
  三和町改訂住宅マスタープランに基づく
   平成14年度(仮称)菟原中住宅団地詳細測量・設計業務

●事業規模
  道路詳細設計   L=0.34km  宅地造成景観設計 A=0.99ha

●事業目的
 

本業務は、天田郡三和町菟原中において、住宅団地を建設するにあたり、路線測量、平板測量、用地調査、道路詳細設計、宅地造成景観設計を実施するものである。
京都北部中核工業団地の完成に伴い、移り住んでくる人々をはじめ、住民ができるだけ永く住むことのできる住環境となるよう、整備を行うことを目的とする

●事業概要
(1)背 景
年々、過疎化、高齢化が進んでしまっている中、京都北部中核工業団地の完成に伴い移り住んで来る人々をはじめ、人々ができるだけ長く住みたくなる環境が必要である。その為にも、高齢者や障害者にやさしいことは勿論、老若男女すべてが住みやすい、また住み続けていたいと思える住まい、まちづくりが求められていた。

(2)デザインコンセプト
(1)コンセプト
子供たちが家の前、玄関先で遊び、大人はそこで立ち話、このような都会では忘れられつつある当たり前の光景、つまりコミュニティの形成は、定住へつながる一因として、重要なものであると考える。そこで、そのコミュニティ形成のため、住戸前にある共用のオープンスペースを設け、これを中心に考えたまちづくり、住宅団地計画を立てる、つまり、「コモンによるまちづくり」をコンセプトとした。
(2)宅内道路の考え方
宅地内の道路については、歩行者優先道路として、歩行者が??る、ボンエルフの考え方より計画を行った。
(3)住宅の配置
当住宅団地には、分譲宅地を5軒、賃貸住宅を6軒(2戸1建物を6軒=12世帯)で、計17世帯が居住できるようにした。日当たりのよい南側には分譲住宅を配置し、北側に賃貸住宅を配置した。

(3)平面デザイン
コモンスペースを挟み、賃貸住宅と分譲住宅が向かい合うように配置した案。中央部には公園を配置し、住民が憩い、コミュニティを形成できるように配慮した。また宅地内道路にはイメージハンプとイメージフォルトを設け、車の速度を抑制し歩行者優先の空間となるようにした。
 
Copyright (c) 2005 Kyoto ingZ Co., Ltd. All rights reserved.