総合建設コンサルタント 株式会社京都イングス

GIS、DM、情報システム、土木設計、用地調査、補償、測量、地質調査、まちづくり、公園設計、ホームページ制作、ファイリングシステム販売は京都イングスにお任せください

トップページへ 会社概要 業務案内 製品紹介 実績紹介 採用情報 お問い合わせ


業務案内
GIS・DM
情報システム
用地調査・補償
測量
土木設計
地質環境
WEB・DTP
まちづくり  
土木設計の業務案内のページへ
 
  道路設計河川・砂防・急傾斜設計橋梁・構造物設計造成設計・許認可申請・施工監理まちづくり

 
  京都縦貫自動車道(綾部宮津道路)道路新設工事(有料)CG作成業務
 
     
  まちづくり_01

●発注先
京都府道路公社建設事務所

●業務規模
3次元の地形作成(延長 L=6.4km)
インターチェンジの動画作成(L=1.0km)
      2パターン <360゜任意移動CG、バーチャルリアリティCG>
橋梁2箇所の3次元CG作成(L=570m、L=174m)
橋梁の日照検討CG作成(動画形式)

●業務目的
従来の地元説明会では、青焼きの図面を使うなど2次元的で、一般の地域住民の方では正確なイメージを持てないと言う事が大変多い。こうした背景の中、京都縦貫道新設工事においても、道路が複雑に交差するインターチェンジや、橋梁など建設後景観に大きく影響する大型構造物がある。完成後様子がわかりやすい資料、走行時の見え方、影の民家・作物への影響など、3次元CGによる動画の作成を行い、わかりやすい地元説明会を実施した。

●業務概要
今回業務では、地形の3次元化が必要であり、航空写真(オルソ画像)から3次元の地形を立ち上げ、そのデータに3次元化した計画のはめ込みを行った。インターチェンジについては、360°任意に移動可能な動画及び実際に道路上に立ち移動できる動画を作成し、多角的な視点からの検討を行い、相互の理解を図った。また、3次元化した橋梁データを利用し、日照検討の動画の作成を行った。さらに、橋梁及び橋梁の下を通る府道の走行シミュレーションを作成し、完成後のイメージを的確に持てるよう留意した。

 
     
Copyright (c) 2005 Kyoto ingZ Co., Ltd. All rights reserved.